★WINTER WONDERLAND★
全米TOP40(70s・80s・90s)/ プログレ / HR・HM / 産業ロック / AOR / R&B / Fusion / 映画 / 英米ドラマ / Stephen King / ビール / ウィスキー / 文房具 / 図書館 / エレピ&ハモンド / CHOOSE LIFE / 家族と過ごす時間
Top | RSS | Admin
01/16のツイートまとめ
2016年01月17日 (日) * 編集
wint_er

クラブチッタ川崎でのユーライア・ヒープ公演からの帰り道。素晴らしい演奏で大満足です。今回は前座のルシファーズ・フレンドが目当ての方もいらしたようです。まさかの初来日ということで、盛り上がっているファンが会場のあちこちに。Tシャツも売り切れちゃってました。
01-16 20:33

とにかくジョン・ロートンの歌が異常に上手くて、ほぼ全く曲を知らないまま観たのにかなり引きずりこまれました。楽曲もいいし演奏もいい。かなり得した気分です。とはいえやはりユーライア・ヒープは格が違いますね。オリジナルメンバーはミック・ボックス一人なのに、ただならぬ現役感。
01-16 20:41

バーニー・ショウとフィル・ランゾンも加入30周年だから、そりゃもう慣れたものです。お腹は出てるが声もよく出るお茶目なバーニーも良かったけど、個人的な収穫はフィル。オルガンの音色も最高でしたが、ルックスが…リック・フレアーに似てませんか?(笑)
01-16 20:47

オルガンを弾きながら片手を突き上げるところとか、足四の字固めに入る前に見栄を切るリックそっくり。完全にツボでした。ドラマーもパワフルだったなあ。「マジシャンズ・バースデイ」のギターソロ背後のドラムスは一見の価値ありです。ベースは左利きでちょいゲディ・リー似。巧かったです。
01-16 20:54

【Setlist】
Gypsy
Look at Yourself
I Wanna Be Free
Shadows of Grief
Love Machine
The Law
The Outsider
Sunrise
Bird of Prey
Stealin'
The Magician's Birthday
Wise Man
The Wizard
One Minute
Can't Take That Away
July Morning
Easy Livin'

Encore:
Lady in Black (with John Lawton)
【同じカテゴリーの記事】
Comment
・There I was on a ~
はい、ルシファーズ目当てで行きました(笑)。
まさかの生ジョン・ロートン!
楽曲の気品!音の空間!堪能しました!

しかし、それも吹き飛ばすほどのヒープには、心底びっくりしました。
どこまでもあふれる現役感というか、45年間解散せずに続けてきた凄味というか。

それにしても、ロートンは今年で70歳、ミック・ボックスとフィル・ランソンも70近いんですよね;何であんなにパワフルでアグレッシブなんでしょうか;;

それと、最後の一礼の際、フィルが実はすごく背が高いのも驚きました。
あれで台の上に乗っていたら、そりゃそびえ立つように目立つわけですね。
見せ方を分かっていらっしゃる・・・。
2016/01/17(日) 03:54:36 * URL * Olias #3SdImV/U[編集]
本当にいいライヴでしたね。
声だけ聴いたらジョン・ロートンの年齢を当てられる人はいないんじゃないだろうか。

ヒープの現役感も凄まじかったです。
フィル・ランゾンはノーマークだったのですが、バーニー・ショウとGrand Prixにいたんですね…
Samuraiのジャケットをよく見かけた気がします。
聴いてみたくなりました。

ミック・ボックスもずっと同じ芸風でやってる感じですが、あれでいいんです!
宙に浮く右手の振りを見ているだけで微笑ましい。

正直言って、July Morningは「天国への階段」なんかよりずっとカッコいいと思います!
(比べるのもなんだか変ですけど)
2016/01/18(月) 20:30:51 * URL * winter #nEx7PFYA[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
| Top |